忌服と喪中とは

近親者が無くなったとき一定期間、喪に服して身を慎むことを「忌服」と言います。 昔は死のけがれの重い期間を「忌」薄くなった期間を「喪」とし「忌中」は遺族は慶事などにはかかわらず家にこもる習慣がありました。まさに喪に服すと言 […]

弔電について

生前、お世話になった方の葬儀にどうしても都合がつかず出席ができない場合、「弔電」と言う形でお悔やみを伝える方法があります。 弔電を送るタイミング 通夜や告別式の開始1時間前には到着するように手配しましょう。 もし間に合わ […]

香典返しについて

身近な方の訃報に際し香典をいただいた場合「香典返し」をする必要があります。 香典返しとは? 一般的に香典返しには「即日返し」と「後返し」の2種類があります。 即日返し 葬儀場に弔問に訪れて香典をいただいた場合、会葬返礼品 […]

お香典について

お香典とは・・・? 昔は各自がお香を持参して仏様に手向けていました。昨今ではお香を持参する代わりに、お香の費用を「御香典」という形で包むようになったのです。ですから神式の場合には、お香ではなく玉串を霊前に供えるので「御玉 […]

焼香・礼拝のしかた

お焼香の仕方は宗派などによって違いがありますが、基本的な流れは同じです。 遺族に対して一礼をして焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。 右手で香をつまみます。 額のところまで押しいただきます […]