葬儀の前に喪主が準備することについて

葬儀を執り行う上で重要な役割を果たすことになるのが喪主です。喪主を務める方に決まりはありませんが、故人が望んでいたお相手の方がいらっしゃれば、その方が喪主となるでしょう。ここでは、喪主がお葬式の前に準備しなければならないことをご説明いたします。

ご臨終後、ご遺体の搬送先を決めて依頼します

大切な方がお亡くなりになられた後は、ご遺体を搬送する準備をする必要があります。病院などご自宅の外で亡くなられたときにはご自宅や安置施設に搬送する手続きを取りましょう。故人が生前に契約しているお葬式会社があり、搬送の手続きをとっているのであればそこにお願いします。手続きをとっていない場合は喪主を中心に搬送先を決めることになりますが、どうしてもあてがない場合、病院が提携している葬儀社を紹介してもらえる場合があります。

死亡診断書を医師から受け取り、死亡届を提出します

ご遺体を搬送する際、医師が作成した死亡診断書が必要となります。寝台車に同乗する際に必要になるので、大切に持っておきましょう。同乗者は死亡診断書を持っていれば良いので、喪主ではなくても問題はありません。その後、役所で死亡診断書を用いて死亡届提出の手続きをとると、火葬許可証が発行されます。火葬の準備に欠かすことができないので、必ず火葬許可証を申請してください。

葬儀社を選び、ご遺体を安置します

病院からご遺体を搬送する葬儀会社を紹介された場合、「ここでお葬式も頼まなければならないのだろうか」と心配になる方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。お葬式会社は喪主を中心として、家族で決めることができます。費用面の希望や故人が望んでいたことを叶えるためにはどのお葬式会社に頼むと良いのか、自分たちで検討しましょう。一社だけに見積もりを頼むのではなく、複数の会社に見積もりを頼んでみると良いです。こちらの希望をどれだけ聞いてもらえるかを確認して、希望通りのお葬式ができるようなお葬式会社を選びましょう。話を変えまして、ご遺体をご自宅に安置する場合は、寝台車が到着するまでに布団と枕飾りを準備する必要があります。お葬式会社を決めている場合、その会社が手配してくれます。ご遺体を安置するときにはご住職に枕経をあげてもらいましょう。ただし、枕経をあげるかどうかは宗派によって異なるので注意が必要です。

葬儀社との打ち合わせで葬儀の規模と形式を決めます

ご遺体を安置した後はいよいよ葬儀の準備に取り掛かります。お葬式の規模によって費用が変わるため、「このくらいの予算でお葬式を執り行いたい」という希望がある場合、まずは誰に訃報を知らせ、誰にお葬式にお越しいただくかを決めなくてはなりません。もちろん、訃報を知らせたからといって誰もが来られるわけではないかもしれませんが、この時点でおよその参列者の人数の見込みを立てることができます。近所の方や会社の方など、故人が生前お付き合いしていた方を広くお呼びする場合は一般葬、家族だけで執り行う場合は家族葬というようにお葬式の形式を決めましょう。このときに、お葬式の規模に合った祭壇や柩の種類も決めておきましょう。

お通夜と告別式の日程を決めます

お葬式の規模をきめた後は、寺院や斎場、火葬場などを決めなくてはなりません。これらのスケジュールの確認を取り、お通夜と告別式の日程を決めていきましょう。寺院などの空き情報については、お葬式会社が確認をとってくれるので任せましょう。日取りについては、冠婚葬祭にまつわる避けたほうが良い日取りというものがあり、お通夜と告別式については「友引」を避ける傾向があります。「友引」は縁起が悪いといわれ、火葬場そのものが動いていないことがあるので気をつけてください。お葬式の日取りが決まったら、ご親族や友人・知人など故人の関係していた各所に知らせましょう。檀家になっている場合は菩提寺にも知らせてください。

精進落としの内容を決めます

精進落としとは、初七日法要のあとに、故人を偲んで行う会食のことです。これまでの風習では初七日法要のあとに行うものでしたが、遠方から葬儀に出席してくださっている方に配慮するなどの理由で、お葬式にお越しくださった方々をねぎらうために行われることが多くなりました。この精進落としの内容について、お葬式会社のプランのなかに入っているのであれば、参列者の数を確認してお料理に不足がないかチェックします。プランに含まれていない場合は別途注文する必要があります。お世話になる住職の分もきちんと数に入れて注文してください。精進落としの内容についてもさまざまな内容があるので、予算に合わせて、心を込めたおもてなしになるように決めましょう。

納棺からお通夜までの流れについて

お通夜が行われるまでにご遺体をお清めし、死装束を着せて納棺します。お通夜が始まるまでに行っておくことは、ほとんど葬儀会社がしてくれることでしょう。準備の確認を頼まれた時には、供花の配列や令状の内容、返礼品の数などきちんと確認して、もし何か過不足や不都合がある場合は指示を出してください。次に、香典を取り扱う受付係りについてはご遺族が担わなければなりません。親族や知人にお願いして、役割分担をしましょう。喪主がする主な仕事としては、会葬者の弔問を受けることです。どんな弔問者にも平等に振る舞い、丁重に会葬の御礼を伝えるようにしてください。また、故人と親しかった方々やご住職にご参加いただき、通夜ぶるまいをします。通夜ぶるまいとは、お食事やお酒を振舞うことです。ここまでがお通夜の流れとなります。

葬儀からご遺骨の安置まで

葬儀のときには、喪主は基本的に会葬者の弔問を丁寧に受けることを心がけてください。実務はほとんどお葬式会社が行ってくれます。故人のそばに座って、弔問客の一人ひとりに丁寧に対応してください。ご住職が退場した後は、会葬者全体に向けて挨拶をすることになります。お葬式を終えたら火葬場に移動します。そこで骨上げを終えると、白木の箱に収められたご遺骨を持ち、帰宅します。一般的には四十九日の後に埋葬が行われますが、地域によっては葬儀の当日に埋葬することもあるのでよく確認しておきましょう。自宅に持ち帰った骨壷は、後飾りという祭壇に安置します。後飾りの準備をしておくことも忘れないようにしましょう。四十九日の法要までは、ご自宅で欠かさず供養をしていくことになります。初七日法要と精進落としについては、実際に初七日に行われることもありますが、最近ではお葬式当日に行われることが多くなりました。お葬式をすることになったら、こちらの準備もあらかじめ行っておくようにしましょう。

葬儀の後にも喪主が行うことはあります

お葬式が終わり、ホッとひと段落してゆっくりと故人を偲びたいところですが、実はまだやることが残っています。葬儀にかかった費用の精算と香典返しをおこなわなくてはなりません。お墓の用意や四十九日法要の手配など、やることがたくさんあるので、本当に一通りの流れを終えるまでには時間がかかります。ここまでご紹介したような内容を知っておくのと知らないのとでは、いざというときの疲労感はまったく違うものとなるのではないでしょうか。できるだけスムーズに、喪主をはじめご遺族の方への負担を減らすためにもお葬式の流れについてはしっかり知っておいて損はありません。大切な方を大切にお見送りするために、お葬式の知識を身につけておきましょう。