いざというときに困らないために知っておきたい葬儀の流れ

お亡くなりになる方のタイミングというものは予想できる場合とできない場合があります。しかし、そのどちらにおいても、なにをしたらいいのかわからないと戸惑う方も多いのではないでしょうか。ここでは、いざというときに困らないために、一般的な葬儀の流れについてご説明いたします。

ご危篤のときに取る行動とは

大切な方のご危篤を医師から伝えられたら、家族や親戚など、大切な方にとっての親しい方々に一刻も早く知らせましょう。ご危篤が近いかもしれないとわかっている場合は、遠方にいらっしゃる方には早めに知らせておいたほうが良いかもしれません。連絡は基本的に電話で行いますが、すぐに出られない場合もあるでしょう。そのようなときは留守番電話やメールなどで、簡潔に伝えることです。ご危篤のお知らせは重要で緊急の必要性があるものなので、連絡の時間帯を気にすることはありません。迅速に、簡潔に伝えましょう。このとき、連絡するお相手はご親族は3親等くらいを目安に連絡してください。親しい友人・知人や勤務先、学校といった大切な方の関わっているところにも連絡しましょう。

ご臨終を告げられる場所によって流れが異なります

病院でお亡くなりになられた場合は、病院で死亡診断書が発行されます。このとき、ご遺族の方はお迎えのための寝台車を手配する必要があります。ご遺体の安置場所についてはあらかじめ決めておいたほうが良いでしょう。ご自宅でお亡くなりになられた場合は、かかりつけの病院や医師がいる場合は連絡を入れて死亡確認をとってもらいます。特定の病院や医師がいない場合は救急車を呼んでください。いずれの場合も、ご遺体を動かさないように注意が必要です。ご自宅や病院ではなく、出張先などでお亡くなりになった場合は、現地で葬儀を執り行う場合もあります。大切な方をご自宅にお連れしてお葬式をしたいときには、ご遺体の搬送を葬儀社に頼みましょう。

ご遺体の搬送から安置までの流れ

病院でお亡くなりになられると、ご遺族の方々はまず搬送先を決めなくてはなりません。病院ではご遺体を長く安置できないケースも多々あるため、あらかじめ安置所を決めておいたほうが良いでしょう。ご自宅で安置するか、もしくはお通夜や葬儀を執り行う斎場、その他の保管施設が候補になります。病院が提携しているお葬式会社が搬送を提案する場合がありますが、他に決めているお葬式会社があるのであればそちらに搬送をお願いしましょう。病院の提携しているところに絶対にお願いしなければならないということはありません。搬送後の流れとして、ご自宅ではどういった流れになるのか簡単にご説明します。ご自宅では布団と枕を用意し、ご遺体は北または西枕に安置します。このとき顔を白い布で覆い、胸の上で両手を組ませると数珠をかけましょう。掛布団の上には魔除け(かみそりなど)を置き、枕元には枕飾りを設置します。白木の小さな机を用意して、お線香をあげられるようにしましょう。故人の枕元には枕花を飾り、神棚封じをしておきます。以上がご自宅での安置の流れとなります。

お葬式の内容の打ち合わせについて

大切な方がお亡くなりになったとき、さまざまなところに連絡をしたりご遺体の搬送をしたりとやることが多いですが、お葬式の準備もしていかなくてはなりません。ご不幸があったときにはすぐに菩提寺に連絡して、葬儀の相談をしましょう。お葬式の日程や場所について決めたあとは、お葬式の内容を決めることになります。この内容によってお葬式にかかる費用が変わってきますので、大変ですが冷静に判断することが大切です。どのようなお葬式にしたいかという希望をしっかりと決めて、きちんとお葬式会社に相談し、見積書を出してもらいましょう。見積もりをきちんと確認して、後悔のないお葬式をしていくことが大切です。

納棺の儀式の流れについて

納棺の儀式は古くから伝わる大切な儀式です。この流れについてご説明します。まずは末期の水を取り、次に湯灌を行います。湯灌とはお亡くなりになられた方のお体をご家族が洗い清めるという儀式です。そして、旅支度を行います。男性の場合はヒゲを剃り、女性の場合は薄化粧を施します。髪の毛や爪も整え、姿勢もきれいな形に整えます。死装束については、もともとは白無地の木綿で塗った経帷を左前にして着せていましたが、最近ではお亡くなりになった方が好んでいたお色の衣服や、好まれていた浴衣を着せることがあります。ただし、宗派によって死装束にも違いがあるので、あらかじめ菩提寺やお葬式会社に確認をとっておくことが大切です。納棺については、本来はご遺族がお通夜までに行うものです。しかし、最近は葬儀社が手伝うようになっています。かといって、すべてお葬式会社任せにするのではなく、供養のためにもご遺族の方々は手を添えましょう。納棺後に死装束を整え、故人が愛用していたものや収めたいものを柩に納めます。このとき、金属やガラス製品は入れることができません。ほかにも納品できるかどうわからないものについては確認をとるようにしましょう。

葬儀・告別式の流れについて

ここでは、仏式の葬儀・告別式の一般的な流れについてご紹介します。まずは、お葬式の前日にお葬式会社と進行の確認をします。当日は受付を行い、時間がきたところで一同着席します。僧侶が入場時、開式の辞が執り行われます。僧侶によって読経・引導が行われますが、このあとに弔辞や弔電が読まれることがあります。その後、ご遺族や親族、参列者の方々によって焼香が行われます。僧侶が退場したあとに弔電が読み上げられ、ご遺族の代表がご挨拶を行います。閉式の辞が終わると、お別れとなり、出棺という流れになります。

火葬の流れについて

火葬場に到着し、柩は火葬炉へ運ばれます。火葬炉の前には位牌と遺影を飾ることが出来るように祭壇用の小机が用意されています。荼毘にふくした後は、火葬が終わるまで控え室で待ちます。火葬後は、お骨を骨壷に収めるという骨上げをおこないます。地方や宗派の風習によってどのから骨を拾っていくかは異なるので調べておきましょう。

精進落としと遺骨迎えの流れについて

ご遺骨は精進落としが終わったら、自宅に戻ります。四十九日の忌明け法要までは、ご遺骨を後飾りと呼ばれる祭壇で安置しましょう。精進落としは、かつては忌明けまでご遺族は肉や魚を断つというものでした。しかし、最近ではお葬式でお世話になった方々へのおもてなしの心を込めて行うようになっています。火葬場から戻ってきたご遺族の方々は、家に入る前に塩と水でお清めをします。この方法も地域や宗派により異なるのでやり方を確認しておきましょう。初七日法要については、本来、故人がお亡くなりになった日を起点に数えて七日目に行うものです。しかし、最近では遠方から来られる親族の方などに配慮して、葬儀の当日に行うことが増えました。ただし、こちらも地域や宗派によって方法は異なります。それから、後飾りの祭壇に遺骨を安置し、四十九日の忌明けまで設置しておきましょう。

葬儀が終わってから忌明けまでに行うこと

お葬式が終わるとホッと一息つきたくなると思います。しかし、お葬式の後にもお手伝いしてくださった方々への挨拶回りやお礼状を送るなど、何かとやることがたくさんあるものです。大切なことは、亡くなった方をきちんとお見送りすることだけでなく、ご遺族の方々が諸々の手続きで困らないことです。あらかじめ決めておくことができることは決めておいて、葬儀やお葬式後の流れをスムーズに行えるようにしておきたいですね。