無宗教葬とは

無宗教葬とは読んで字のごとく宗教がない形式での葬儀です。
あまりなじみのない言葉かもしれませんが最近ですと音楽葬など生前、故人の好きだったものを飾り、故人らしさを演出する葬儀も増えています。

簡単に流れを説明すると司会者や代表者が開式を告げ、参列していただいた方々に無宗教葬になったいきさつを告げる。
通常、読経や焼香が始まりますが無宗教葬の場合、故人にあてて子供や孫が手紙を読んだり親しい人に思い出を語ってもらうなど多様なケースがあります。

無宗教葬で気を付けなければならないのは、戒名を付けないのでお墓が菩提寺にある場合は納骨ができない場合が あるので、納骨を菩提寺に希望する場合、事前に相談しましょう。