忌服と喪中とは

近親者が無くなったとき一定期間、喪に服して身を慎むことを「忌服」と言います。
昔は死のけがれの重い期間を「忌」薄くなった期間を「喪」とし「忌中」は遺族は慶事などにはかかわらず家にこもる習慣がありました。まさに喪に服すと言う事です。

現在では、一般的に四十九日法要までが「忌中」一周忌までが「喪中」とされています。
ここでは、「忌中」、「喪中」の期間にすべきこと気を付けるべきことについて説明いたします。
喪に服している間は原則として祝い事への出席は見合わせます。結婚式、祝賀会、中には会社での飲み会も欠席される方 もいます。しかし、最近では不幸の起こる前から予定されていた慶事の場合、出席することも多くなりましたが、マナーとして 先方に喪中である旨を伝えてからの方が良いでしょう。

「喪中」の際は正月飾りなどをせず初詣なども控えます。ただし、故人が二親等であっても同居していないなどの場合は普通に 正月を迎えることも多くなっています。「喪中」は年賀状も出しません。そこで年賀の欠礼を詫びる挨拶状を出します。
この「年賀欠礼状」には誰がいつ亡くなったかを記載して相手のもとに遅くても12月の初めまでには届くように手配しましょう。