納骨に関して

「納骨」の時期に関して

納骨の時期に関して決まりはありません。

仏式では四九日法要に合わせて行う事が多いようですが、地域によっては葬儀当日に初七日と四十九日の法要を合わせて行い墓地への埋葬をすませる地域も多くみられます。しかし、墓がない場合一周忌を目安に墓を用意して納骨します。

仏式の場合、僧侶に依頼して「納骨式」を行います。納骨式には個人の近親者と親しい友人を招いて行います。もし、どこの範囲まで声をかけていいかわからない場合は、むやみに声をかけるのではなく、火葬の際に火葬場まで来ていただいた方を目安にすると良いでしょう。

墓を新しく建てる場合納骨式の前に「入魂式」を行います。

忌明けの四十九日法要の日に納骨を行う場合は、寺院の本堂で法要を行いそのあと墓地に出向いて納骨式を行います。

浄土真宗以外では、納骨式当日、施主や参列者が供養に卒塔婆を立てるしきたりがあります。