家族葬とは

最近よく聞く「家族葬」という言葉があります。
ここでは「家族葬」について知っているようで知らない部分の説明をします。

ここ数十年で葬儀の形態は大きく様変わりしました。
理由として大きいのは日本人の平均寿命がのびたことが大きいと言えます。
高齢で亡くなった場合、弔問客は故人からみて子どもの会社関係者など直接知らない人が多くなりがちです。
本来、通夜は遺族や近親者など故人と関わりの深い人たちが集まり最後の別れを惜しみ、故人の霊を慰めるためのものでした。
しかし最近では一般の弔問客の応対に追われ、ゆっくりと故人とのお別れの時間をとることができない状況になるケースも多く見られます。

こうした形式やしきたりにとらわれた葬儀を経験して身内や自身の葬儀の時にはゆっくりと家族や親しい人だけで見送りたい と考える人が増えてきたのが背景と言われています。
身内の葬儀の際に家族葬で執り行ないますので、参列はご遠慮くださいなど、最近では参列自体を断るケースも増えています。