香典返しについて

身近な方の訃報に際し香典をいただいた場合「香典返し」をする必要があります。

香典返しとは?

一般的に香典返しには「即日返し」と「後返し」の2種類があります。
  • 即日返し
    葬儀場に弔問に訪れて香典をいただいた場合、会葬返礼品と会葬礼状とは別にその場でお渡しするものを即日返しまたは当日返しと言います。
    • メリット
      送料の心配をしなくていい、葬儀当日で完結することができる、等があげられます。中には高額を包んで来られる方がいらっしゃいます。その場合は49日後に個別で対応をした方が良いでしょう。
    • デメリット
      即日返しまたは当日返しという習慣がなく用意した品物を会葬御礼と勘違いされてしまうケースがあります。これは、きちんとした品物を用意することである程度、防げるかと思います。
  • 後返し
    これは葬儀場に弔問に訪れた方に対してひとまずの感謝として「会葬礼状」及び「会葬御礼品」をお渡しして 後日、目安としては49日法要を営んだ後には相手に届くように品物を用意して手配します。
    その際に、「無事に49日法要を滞りなく営むことができました・・・」のような挨拶状を同封するのが マナーとしては良いとされます。
    • メリット
      香典をいただいたすべての方を対象にしなくても良い場合があります。
      この場合いただいた方の名前、金額などをリスト化することで個人個人への配慮をすることができて 良いかと思います。
    • デメリット
      後返しを行う場合、件数はある程度かさんでくる場合が多いでしょう。その場合、それぞれに送料が発生することを忘れてはいけません。 中には〇〇〇円以上で送料無料などうたい文句がある場合がありますので確認してみましょう。