弔電について

生前、お世話になった方の葬儀にどうしても都合がつかず出席ができない場合、「弔電」と言う形でお悔やみを伝える方法があります。

弔電を送るタイミング

通夜や告別式の開始1時間前には到着するように手配しましょう。 もし間に合わない場合には直接送るのではなく、電話で遺族に連絡をして後日、弔問に伺う旨を伝えましょう。 尚、電話で遺族に連絡をする場合には行けない理由などを長々と説明するのではなく手短に伝える方が良いとされます。

宛先、宛名について

  • 宛先は葬儀が執り行われる式場に送るのが一般的ですが、もし住所や連絡先などがわからない場合、喪家宅に送ることもありますが受け取りの不備がないように一報を入れましょう。
  • 宛名は喪主の名前で送るのが一般的ですが、中には喪主ではなく特定の遺族にあてて送る場合、喪主の名前の横に入れるのが一般的です。
    【例】「(喪主の名前)様方 (特定の遺族)様」
    尚、葬儀式場では多くの弔電を取り扱うケースが中にはありますので喪主の名前は必ずフルネームで送る方が良いでしょう。

※弔電・お悔やみなどに使われる主な敬称

通常の呼び方敬称
ご尊父様「そんぷ」、お父様、お父上様
ご母堂様「ぼどう」、お母様、お母上様
祖父ご祖父様
祖母ご祖母様
ご主人様、ご夫君様
ご令室様「れいしつ」、ご令閨様「れいけい」
息子ご子息、ご令息
ご息女、ご令嬢
姉、兄御姉様、御兄様、または名前〇〇様
弟、妹御妹様、御弟様、または名前○○様