お香典について

お香典とは・・・?

昔は各自がお香を持参して仏様に手向けていました。
昨今ではお香を持参する代わりに、お香の費用を「御香典」という形で包むようになったのです。
ですから神式の場合には、お香ではなく玉串を霊前に供えるので「御玉串料」となり、キリスト教ではお花を供えるので「御花料」となるわけです。

お香典の表書きについて

仏式黒白の水引を使います。表書きは上段中央に「御霊前」と書くことが最も多いです。
浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。
忌明け(四十九日)後の法要の表書き黄白の水引を使い、「御仏前」と書きます。「御供物料」と書く場合もあります。
神式銀の水引を使って「御玉串料」と書きます。
「御神前」、「御榊料」と書く場合もあります。
キリスト教「献花料」や「御花料」と書きます。
この際、水引はなくてもかまいません。
連名の場合横に並べてそれぞれの名前を書きます。
合同の場合半紙などにメンバー全員の名前を書き中袋に入れます。
表書きには「〇〇会有志」や「〇〇会社営業部一同」のようにグループを表す名称だけを書きます。