焼香・礼拝のしかた

お焼香の仕方は宗派などによって違いがありますが、基本的な流れは同じです。
  1. 遺族に対して一礼をして焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。
  2. 右手で香をつまみます。
  3. 額のところまで押しいただきます。(香をつまみ額の高さまで上げること)
  4. 香炉に静かにくべます。
    これを宗派ごとに決められた回数行うのですが、二回目からは額に押しいただく必要はありません。
    ※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが宗派問わず慣例化しているようです。
  5. 合掌礼拝します。最後に遺族に一礼をし、退きます。

各宗派による焼香の回数

真言宗押しいただき、3回行う。
日蓮宗押しいただき、1回(または3回)行う。
日蓮正宗押しいただき、3回(または1回)行う。
臨済宗押しいただき、1回行う。※押しいただかなくてもいい
浄土真宗押しいただかず、1回行う。
曹洞宗2回行うが、1回目は押しいただき、2回目は押しいただかない。
浄土宗回数の定めは特になし。
天台宗回数や作法の定めは特になし。押しいただくかどうかも自由。

ここでよく質問されるのが、故人と宗派が違う場合どちらの作法で焼香をすればよいか?
という、質問です。
そもそも焼香とは故人を想い行うものとされています。
ですので故人の宗派ではなく自身の宗派で焼香をしても何も問題はありません。
ただ、前提として自身の宗派や作法を知っていることが条件となりますので上記の表を見てまずは自身の宗派から覚えてみてはいかがでしょうか?